採用について疑問を解消☆

濱野建材はどんな仕事をしているのか-その①

 

今回、スタッフ募集にあたりどんな仕事を濱野建材はしているのか、掘り下げてご紹介してみようと思います。

今回は「現場補助」の仕事について。
濱野建材では現場管理や設計・内装材図面担当・営業や商品開発などいろんな取り組みをしておりますが、一言で現場といってもいろいろあります。

当社が長年にわたり、製作・納品しております「内装プレハブ材」とは、工場でつくられたパネルを搬入し、大工さんが現場で組立てて部屋を完成させるというもの。

桟木を組み・・・

先ほど組んだ桟木に面材をプレスする・・・

部屋タイプごとにセットしていき・・・

完成した内装プレハブ材を工場からそれぞれの現場に納品します。

完成した商品を納品する際に、現場ではどの階や部屋にどのパネルを入れるかなどの段取りをお手伝いして頂きます。

 

現場に工場からのトラックが到着。

レッカーなどで商品を荷揚げしていきます。

部屋ごとに必要なパネルが納品されました。
このパネルを大工さんが建て込んでいきます。

建て込みが終わると、部屋内の検査が行われます。

その前にきれいに収められているか、間違いはないかなどのチェックのお手伝いして頂きます。
建築用語や部材などの名前を憶えてもらうためにまずは筆記から。

かんたんなことから初めて頂き、慣れてきたらステップアップしてどんどんできる仕事を増やしてほしいです。
仕事の出来具合に応じて昇給もあります。
ぜひ一度、お気軽にお問い合わせください。

詳しいことはHPの「採用情報」をのぞいてみてください。