内装パネル

パネル材写真1 パネル材写真2 パネル材写真3

「内装パネル工法」とは

現場で下地材と表面材を壁や天井に仕上げていく「在来工法」とは異なり、工場で様々なパーツをある程度生産して持ち込むことにより、メリットを生みだす工法です。

「内装プレハブシステム」とも言われます。

濱野建材グループが取り組むシステムについて

 panelsystem_m

 内装パネル工法のメリットって

いくつかありますが、大きくは次の4つと言われます。

①工期短縮

壁などが工場でパネル化されることによって、造作工事だけでなく電気や設備の配管等の工事が簡略化されます。

②品質の均一性

大工さんのうでや間違いによるばらつきがほとんどなくなり、下地補強の抜けなど後々までみつけにくい諸問題をおこしにくく、またメーカー責任として保障されます。

③現場でのゴミが少ない

無駄なゴミがでないということは、ゴミを上階から降ろす手間が減るだけでなく、地球環境にもやさしい工法といえます。

④内装材の再利用も可能

前もっての密な打ち合わせが必要ですが、マンション等の内装の利用目的を変更する場合に、間仕切り壁や床下地の再利用が可能です。

濱野建材グループの設計・生産・施工体制について

soshiki-kansei

濱野建材グループは、集合住宅の内装木工事を主体に、建築の内装に最も適したメーカーの材料を組み合わせることによる品質の均一・安定を横の軸に、開発設計の準備段階から、納入、施工、検査、引渡し後のフォローアップまで、各工程中の問題をフィードバックし 次の現場に生かすことを縦の軸に、トータルの内装木工事に取り組んでおります。

工場生産風景1

コア(芯材)組み工程

工場生産風景2

工場生産ライン

商品の山1

出荷前に戸別セット

商品の山2

工場内倉庫

納入しているところ

現場にて戸別に間配り

施工しているところ 完成内部 完成建物